ARIA GUITARS - ARAI&CO., TLD.

Home > Other Brands > Heritage > Heritage Story

Heritage Story

ヘリテージギターはミシガン州カラマズーで製作されている。時を越える至上のギター製造のためのファクトリー。しかしそこにはコンピュータ制御による工作機械はなく、またオフィスワーカー風のスタッフや、最新型の装備もない。

ただそこでは、熟練されたクラフトマン達が木材をカットしたり曲げたり、アバロンインレイやABSバインディングを仕上げ研磨していたり、またファイン・ラッカー塗装を手作業で行っていたり、ファクトリー内ではそんな光景が展開されているのだ。そう、ヘリテージ・ギターの製造工程の90%はハンドメイドによるのである。

こういったヘリテージ・ギターの製作スタイルは、個性的なギター、いわば聡明なプレイヤー達のために作られるカスタムメイドのギターを作り上げるにあたり大変有用である。たとえば、特注のレフトハンド仕様モデルの製作、または最良の木材の選定、そしてまた特別な塗装・仕上げなどにである。

ヘリテージ・ギターを手に入れること。それはあなたのギターコレクションの数が1本増えることとは異なる意味を持っている。それは、世界中のプレイヤー達から賞賛されるマスターピースを手に入れるという、特別な価値を持っているのだ。


【HOW IT BEGAN:Heritage社の成り立ち】
ヘリテージ・ギター・インコーポレイテッドは1985年、ミシガン州カラマズー、225パーソンズストリートにて創設された。そしていまでは、世界有数のプレミア・ギターのブランドとしての名声を獲得するに至っている。世界中のビンテージギターショップにおいてさえ、唯一ヘリテージの新作ギターだけが取り扱われており、それはまたヘリテージギターがコレクションの対象となりうる価値とグレードを持っていることを示しているのである。

ヘリテージギターのはじまりは1984年にさかのぼる。その年の8月、ギブソン社はカラマズーのファクトリーを閉鎖し、生産の拠点をテネシー州ナッシュビルに移した。なお、現在のギブソン社の本拠地となっているナッシュビルの工場は、1975年からギターの生産が行われていた。これにともないファクトリーのクラフトマン達はナッシュビルに引越しすることになった。とはいえ、彼らには大切な家族がいる。長年住みなれたカラマズーの土地からスッパリ立ち去ることは容易でなかったのだ。

そんな中、ジム・デュロー、マーヴ・ラム、そしてJP・モーツの3人は決意する。カラマズーにとどまり、これから自分達の手でギター・ビジネスをスタートさせることを。1985年には同じくギブソンの社員であったビル・ペイジとマイク・コーパックを加えたオーナー5人で、正式に法人組織として創業したのである。

創業とはいえ、そこにはギブソンが生産を続けてきたファクトリー、そして使い込まれた工作機械、そして何よりも、オーナー達自身が25年を超えるギター製作経験の豊富なプロフェッショナルがはじめたブランドである。(この点が、他の新興ハンドメイド・ブランドとは決定的に異なっている。「ビンテージのクォリティを新作で得ることができる」とのヘリテージへの評価は、この事に由来している。)

ギブソン社がギター製作を行っていた5つのファクトリーのうち、最も古い建物でヘリテージは自社ブランドでの操業を開始した。1917年に建てられたこのビルは、それまでカラマズーにおけるギブソン・ギター製作の中心をになっていた場所であった。また、ヘリテージが使用している工作機械の多くは、ギブソン社から購入したものである。

ヘリテージが初めて世に問うたモデルはソリッドボディ、シングルカッタウェイ仕様のH-140であった。このギターは1985年6月に開催されたNAMMショーにはじめてお披露目されることになった。以降、ヘリテージのラインアップは順次追加されてゆき、現在ではホロウ/セミホロウボディギターだけはなく、アコースティック、マンドリンなども生産されている。またそれらはジャンルごとに派生した数え切れないほどのカスタムインスツゥルメントから、全体のラインナップを構成しているのである。

ギター製作において長年の経験を持つクラフトマン達、そして実績。それがヘリテージ・ギターの誇りといえるだろう。
  • Factory
  • Catalogue