【The Man】

代理店業務終了

アメリカ生まれのビッグジョー・ウイリアムス(ジョセフ・リー・ウイリアムス 1906年10月16日生)は、シンガーソングライターで、"9弦ギターのキング"と呼ばれるデルタブルースギタリストです。

彼のレコーディングキャリアは、50年にも渡り、死後、1992年10月4日にBlues Hall of Fameへ殿堂入りしました。

ビッグジョーの演奏は音楽を超越し、彼の音、エナジー、トーンは人々に感動を与えました。ジョーは、廃品をあさり機械いじりが好きで、自ら彼のギターヘッドストックに釘を打ち込み3本の弦を追加しました。彼は9弦ギターのキングでした。

"ビッグジョー・ストンプボックスカンパニー"のポールとデイヴィッドは、多くのミュージシャンの写真を撮影し、ビッグジョー・ウィリアムスとも親交の有ったカメラマン、ピーター・アムフトと知り合い、彼の協力の下"ビッグジョー"をデザインに取り入れたブルース/ロックの歴史とエフェクターを関連付けたペダルを製作しています。

彼らもまたビッグジョーのように、究極の機械いじり好きなのです。